平成30年 献鮭祭嘉麻

鮭神社では鮭を神様の使いとして祀っている、全国でも珍しい神社です。その鮭神社で、毎年12月13日に氏子や流域住民・水産関連者が五穀豊穣や無病息災を祈るとともに、その年の遠賀川流域を遡上してきた鮭を奉納するのが「献鮭祭」です。
献鮭祭(けんけいさい)鮭神社は古くに建立された由緒ある神社で、遠賀川を遡上してきた鮭を神の使いとして境内にある鮭塚に奉納します。
記録では、『筑前国続風土記』の記載が古く、境内の碑文には明和元年(1764)に鮭が奉納された経緯が記されています。また、『筑前国続風土記拾遺』には、佐賀の大和によく似た話があり、『肥前国風土記』に記されている旨の記載があります。

【日時】2018年12月13日(木曜日)11時00分~
【会場】嘉麻市大隈 鮭神社境内