寒北斗酒造株式会社

30年後の還暦にも、福岡で一番美味い酒

寒北斗物語
今から30年前、その物語は始まりました。
寒北斗酒造(創業時は玉の井酒造)が誕生したのは、享保14年。
それから約300年にわたり、愛される酒造りを続けてきました。

享保14(1729)年、初代矢野甚五平によって、玉の井酒造(後の寒北斗酒造)は誕生しました。日本酒造りにとって命ともいえる水は、英彦山系の雄峰・馬見山の湧き水を集める、清らかな嘉麻川の伏流水。その清澄な水を屋敷内の2つの井戸から汲み上げることができたため、感謝の想いを込めて「玉の井」と命名しました。それから約300年にわたり、日本酒造りに適したこの地で、たくさんの人々を笑顔にする酒造りを続けてきたのです。


新たな物語の始まりは30年前。
「福岡の銘酒づくり」が動きだします。

日本中が美食ブームに沸く昭和59(1984)年、「福岡を代表する銘酒をつくりたい」と熱望する酒販店から相談を受け、新しい酒造りへの挑戦を決意。試行錯誤を経て辿り着いたのは、地元で古くから愛されてきた“福岡らしい味”を大切にしたお酒でした。
酒米も可能な限り地元で栽培されたものを使い、飲み飽きることのない、気品ある味わいを追求した結果、「寒北斗」が産声を上げたのです。北斗星を信仰する地元の北斗宮の“北斗”をつけたその名には、「地元を愛し、原点を大切にする」という想いが込められています。


宿命の美酒は看板商品となり、社名も寒北斗酒造へ。
次の30年に向け、物語は続きます。

昭和60(1985)年に「寒北斗 本醸造 生酒」を発売して以来、吟醸・純米吟醸・大吟醸と種類を増やし、全国のコンクールで数々の賞を受賞。平成20(2008)年には、「寒北斗 吟醸酒」を全国酒類コンクールで日本一に選出いただきました。常に最高のものづくりを目指し、品質向上への挑戦を続けてきた中で、「寒北斗」は玉の井酒造の看板商品へと成長を遂げていたのです。
開発時の想いが実り、平成23(2011)年には社名を寒北斗酒造へ改称。平成27(2015)年には、「寒北斗」生誕30周年を迎えることができました。さらに私たちは、これからの30年に向けて、若手蔵人の育成・新たな季節酒「shi-bi-en」の開発と発売・国登録有形文化財への登録など、様々な活動に力を入れて取り組んでいます。
これまで継承されてきた300年の伝統を守り続けるだけでなく、時代を越えて愛されるお酒造りのため、常にチャレンジを続けていく。新たな物語はもう、始まっています。

寒北斗の心
感謝の気持ちで、「寒北斗30VISION」始動

平成27(2015)年、「寒北斗」は生誕30周年を迎えました。
いつもご愛飲してくださる皆様をはじめ、福岡の銘酒をつくってほしいとご相談くださった酒販店の方々、酒米の生産者の方々、「寒北斗」を世に広めてくださった酒販店やメディアの方々・・・「寒北斗」とご縁を結んでくださったすべての皆様のおかげです。たくさんの愛情に支えられ、育てられた30年でした。

そして、大切な節目を迎えることができたからこそ、私たちは改めて考えます。
創業当時の志を、ずっと継承していくことができるのか。
酒造りへの想いを、皆様にきちんとお伝えできているのか。
これからの30年も、地元・福岡で愛される「福岡の銘酒」であり続けられるのか。

今ふたたび、“次の30年”をつくるとき。
寒北斗酒造は、30年後の未来を紡ぎだすプロジェクト「寒北斗30VISION」を始めます。

合言葉は「30年後の還暦にも、福岡で一番美味い酒。」
まだ見ぬ美酒を追い求め、感謝の気持ちを胸に、新しい未来へと。
世界に誇れる「福岡の銘酒」をたくさんの方々に楽しんでいただけるように前進していきますので、これからもよろしくお願いいたします。

ジャンル
スポット名
寒北斗酒造株式会社
電話
0948-57-0009
住所
嘉麻市大隈町1036-1
定休日
営業時間